ハンデがあってもなくても
私たちらしく、毎日を楽しむ
ハンデっ子を知るとは。ハンデっ子と生きるとは。
誰ひとり取り残さない
いろんな子どもが共に暮らせる社会へ。