• HOME
  • magazine
  • イベント
  • ハンデがあってもハッピーに子育て♡Kanon.(カノン)主催の初イベントを開催しました!

ハンデがあってもハッピーに子育て♡Kanon.(カノン)主催の初イベントを開催しました!

こんにちは!
ハンデがあってもハッピーに子育て♡Kanon.(カノン)のリナです!

私が運営するKanon.では、

【ハンデっこ】=病気や障がいでハンデのある子のママも、ハッピーに子育てしよう!!!

をモットーにママ会やイベントを行っています。

初コラムにて、私自身のこと、この活動への想いなどを書かせていただいたので、まだ読んでおられない方はぜひ読んでいただけたら嬉しいです!

Kanon.(カノン)の初コラムはコチラから。

さて今回は、10月にmamasky houseで開催したハンデっこ親子のイベント 「ハロウィンフォト&ママ会」を開催した際の様子を書いていこうと思います!

ハンデっこイベント
「ハロウィンフォト&ママ会」開催レポ

予想以上に参加希望の方が集まって下さり、コロナ禍の中ということもあり、密を避ける為、2回に分けて開催いたしました!

Kanon.の初イベントだった訳ですが、結論から言いますと、

『楽しかった〜!!!!』

その一言に尽きます!!

まずママスキーハウスに着いてから、手洗い、手指消毒、検温もろもろ済ませて フォトブースを覗くと…

╲ かーわーいーいー!!!!/

mamaskyスタッフさんが、素敵に飾り付けをして下さっているところでした!!

寝んねやお座りがまだのお子さんも多いので、通常より少し低位置でフォトブースを作り 寝んねのままやバンボに座って写真を撮れるように工夫してくださいました!!!

そして、イベント開始時間の10時!!!

この日はハロウィンにちなんで、参加してくれるお友達にはドレスコードに「仮装」をお願いしていました。可愛いカボチャ、小さな魔法使い、ディズニーのアラジン、鬼滅の刃、手作りのドレスやオバケのお面をかぶったり…♡様々な仮装をしたキッズ達が!!

mamaskyスタッフさんが用意して下さったオシャレなフォトブースで、ママ達も我が子の可愛い姿をカメラに納めていました。

心ゆくまでハロウィンフォトを撮った後は、ほっこりママ会♡時間が許す限り、参加者さんとたっぷりとお話したり、情報交換などもできて良かったです!

経管栄養(鼻から胃にかけてチューブを入れて、ミルクや栄養を点滴のように注入しています)のお友達も参加してくれたので、注入ボトルを引っかける三脚も用意しました。

しっかりご飯食べて大きくな〜れ〜!

▲写真はチューブでミルクを注入する息子

なんと!二回目のイベント開催時には、富山県議会議員の平木柳太郎さんも参加して下さいました!

平木さんも3人のお子さんのパパ。
同じ子育て世代です。

実際にふれあった事でハンデっこを知って頂けたり、ハンデっこママ達の思いや抱えている悩みもお分かり頂けたと思います!

平木さん、ぜひ、ハンデっこ達が暮らしやすい富山に変えていって下さい!!

最後に…

イベントが終わった後、障がいや病気、または何らかのハンデがある事で、なかなかイベントに参加しづらかったママも

「思い切って参加して良かった」
「楽しかったです」

と言って頂けてすごく嬉しかったです。

イベントは1人なんかじゃ出来なくて、みんなの力で作り上げるものなんだと思いました!!! これからも楽しい時間を共有して、一緒に子育てを楽しみましょう!!!

ご参加頂きました皆様、平木さん、ありがとうございました!!!

次回は、11月に行われましたハンデっこイベント 「ハンドメイドまみぃ×Kanon.コラボ ロゼットワークショップ」のレポートを書きたいと思います。お楽しみに!

富山のインクルーシブ子育て応援 Kanon.
インスタグラム @kanon.2020.10

関連記事